DWEどうやって使ってる?

パパと娘の2人の“英語タイム”で、メリハリのある毎日に!

2024年1月17日

家庭内の英語教育を担当するパパさん。毎晩、“英語タイム”を設けることで、3歳の娘さんは他のコンテンツに夢中になっていても、遊びの後は英語に取り組む時間と切り替えて、メリハリのある毎日を過ごせているそう!

3歳の娘さんとは、どのようにDWEの教材を活用しているのですか?

毎晩、パパと娘の“英語タイム”を設けて、二人で楽しく取り組んでいます!

我が家では、夫婦で子どもの教育に関する役割を分担しています。妻は日本語、私は英語の担当なので、子どもたちの着替え・片付け・入浴中などは、英語での声かけを心がけています。また娘とは毎晩、2人だけで遊ぶ“英語タイム”も設けています。0歳の長男を寝かしつけるのも私の担当なので、それが終わり次第、始めます。

私は学生時代、実は英語がとても苦手だったんです。でも社会人になってからNHKの番組で初めて英語の面白さを知り、そこから改めて英語を学び始めました。そして、英語を学ぶことは感性も豊かにしてくれると気づき、子どもたちには小さい頃から英語を学ばせたいと思って、DWEをスタートしました。

娘は子ども向けのNHK番組やYouTube、シルバニアファミリーが好きで、夕食後の自由時間には自由に見たり遊んだりして良いことになっていますが、“遊んだ後は、パパとの時間”。自由時間が終わったら、気持ちを切り替えて、私と英語に取り組みます。娘には様々なコンテンツを制限せずに楽しませつつも、ダラダラと遊ぶのではなく、メリハリをつけてしっかりと切り替えることが大切だと伝えています。

ここがポイント!

着替えや片付けの際は、子どもたちに英語で声をかけるように心がけています!